自分に合ったケアへの近道は、悩まず行動あるのみ

ムダ毛が気になるようになったのは部活を始めた中学1年生の頃からでした。脇は特にそうですが、腕、脚なども周り同級生の影響でケアしていました。

最初は手軽に購入できるカミソリでしたが、仕上がりが綺麗で効果の持続することのできる脱毛器というものを知り、お小遣いで購入して毎回痛みに涙しながら耐えていたことをよく覚えています。でも私の場合、痛くて時間のかかる脱毛器でのケアは長く続かず、30歳の現在までずっとカミソリを愛用しています。

またカミソリを愛用する別の理由として、私が数年前から脱毛のサロンで脇とVIOの脱毛を行っており、そのサロンは自己ケアにおいて毛抜きや脱毛器での脱毛を禁止されているということもあります。

VIOの脱毛をするきっかけとなったのは、マレーシアで生活をしていた際に一部の体毛が濃くなったと感じたからです。サロンの方などにその旨相談しても特に関係性は無いようなのですが、暑い国だと蒸れたり衛生的にも良くないと思い、恥ずかしい気持ちを押し殺してデリケート部分の体毛を薄くすることを目標に通いはじめました。

なかなか予定通りに通えずVIOの方は明らかな効果が得られてないのですが、脇は確実に本数が減り、伸びるのも遅くなっていきました。カミソリを使う回数が減り脇の下の黒ずみも薄くなっていく効果もありますので、気になる方は一度通ってみることをお勧めします。

参考:ミュゼ 岡山
URL:http://www.thailandskaforeningen.com/